聞き書き七ヶ浜

聞いてけさいん、話してけさいん。七ヶ浜のいまむかし。

ボッケ汁を作ってみませんか?

最近は「ボッケ」を検索されて、当ブログに訪問されている方が多いようです。寒くなりましたから、旬のボッケ汁を食べたくなりますよね。

先月あたりから、近所のスーパーでボッケが並ぶようになりました。一匹まるごとはもちろん、鍋用のパックもあるのでご家庭でも手軽にできるのが嬉しいです。七ヶ浜町ゆるキャラ「ぼっけのボーちゃん」もPOPで大活躍!販促にひと役買っているようですよ♪

年々、取れなくなっているボッケですが、売っているのを見掛けたらぜひ作ってもらいたい。・・・ということで、今回は七ヶ浜町で発行した「健康増進レシピ集」から『ボッケ汁』のレシピをご紹介いたします。

 

ボッケ汁(みそ仕立て)

【材料(4人分)】

・ボッケ         200g

・豆腐(木綿)      160g

・大根            80g

・にんじん          40g

・長ねぎ           30g

・みそ            40g

・和風顆粒だし       6g

・酒               10g

・水            600㎖

 

【作り方】

①ボッケのぬめりを取り除き、きれいに洗う。

②腹の真ん中を割き、肝臓、胃袋などを傷つけずに取り出しきれいに洗う。

③ボッケは、食べやすい大きさにぶつ切りにする。

④豆腐は1cm角、大根とにんじんは3mm厚くらいのいちょう切り、長ねぎは小口切りにする。

⑤大根、にんじんが煮えたら、だし、酒を加え、ボッケを入れて煮る。その後、ボッケの肝臓、胃袋を入れ、アクをとりつつ煮る。豆腐を加え、ひと煮立ちしたら、みそをとき入れ、最後に長ねぎを加える。(卵がある場合は、肝臓などと一緒に入れる)

※丸ごと使う場合は下処理(①②の手順)を行います。

※みそは、味をみながら足しましょう。

 

以上、『七ヶ浜町健康増進レシピ集』より抜粋しました。作る際にご参考ください。

 

ボッケのさばき方

【洗う】

・たわしなどで全体をなでるように洗い、汚れやぬめりを取り除く。

【さばく】

・頭を落とす。内臓(肝臓、胃袋、卵)を傷つけずに取り出し、切りに洗う。

・調理法にあった形や大きさに切る。

※胃袋は2つに割り、中身や胃液を取り除いてきれいに洗う。残っていると味が悪くなる。

【ボッケ汁用】

・食べやすい大きさにぶつ切り。

・だし用に頭を割って入れる。

・皮や内臓も使う。子(卵)は、内臓と一緒に入れる。

 

以上、『七ヶ浜町風土記』より抜粋しました。

 

昨日3年ぶりに行われた「七ヶ浜町産業まつり」でもボッケ汁が販売されました。元々、産業まつりは「ボッケと収穫祭」でした。最近は、ボッケの水揚げが減少し、取れる時期が変わってきたため、名称を変えたという経緯があります。

菖蒲田浜でも毎年「ボッケまつり」を地区の皆さんでやっていますが、ここ数年はボッケが取れなくて困っている話を聞きました。「タチウオとトラフグはいっぱい取れるんだけどなぁ~」とのこと。取れる魚が変わってきているのは、私のような素人でもわかります。温暖化なんでしょうか。海の中もいろいろ大変なようです。